読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康ヲタクの優良日記

ヲタク's EVERYDAY メモ帳!!

【Batman: A.U.】30日目

こんにちは。てらです。



Batman: Arkham Underworldです。


先日のスーサイド・スクワッドミッションの続きです。

二回目でようやくクリアできたのでクリア後の画面から。

アマンダ・ウォーラー
ゴッサムダークナイトが聞いてあきれるわ。寄せ集めの愚連隊ごときも捕らえられないなんて!」

アマンダ・ウォーラー
「デッドショット。私は法の上に立って仕事をしているの。政府の人間なのよ。もうすぐあなたも、私のもとで同じように働くことになるわ。」

デッドショット
「俺たちにふざけたゲームを仕掛けて楽しかったか?お前の負けだ。残念賞がわりに、あんたはバットマンの注意を浴びることになった。」

その後、勝利画面です。

???
「これで野郎…もといウォーラーは思い知ったろう!」

アマンダ・ウォーラー
「そう、今回は弾を避けられたようね。あなたも、あなたの仲間も憶えておきなさい。あなたたちはもう必要ない。代わりは十分用意できる。」

マップ画面にもしつこくついてくるアマンダ。

デッドショット
「あんたの近頃の活動を考えると、どちらにしろ俺たちなんか使えないだろう。」

デッドショット
「よし、俺は普段は1人で仕事をするが、お前はなかなか話のわかる野郎だ。組んでも悪くない。」

デッドショット
「ウォーラーが性懲りもなくゴッサムに戻ってきてお前にちょっかいを掛けてくるようなら、俺も手を貸すぜ。」

デッドショットパイセンイケメンすぎますね。

これで映画へのフラグが立ったのでしょうか。

Suicide Squad」の9月10日の公開日が待ち遠しいです!!ではでは。



ここまで読んでくださってありがとうございました。
それでは日々を淡々と。